HOME > テネシィウィリアムズ研究会

テネシィウィリアムズ研究会

テネシーウィリアムズ研究会

 演出 三條三輪 

二十七台分の綿花
 大企業の進出による中小企業の悲しさを背景に、ふたりの男の闘争の犠牲となる女。しかし母親っ子のウィリアムズは、その男どもを通り越える宇宙根源的な女性のたくましさを南部の女を通して描きたかったのではないだろうか。


地獄のオルフェウス
 死んだ愛妻をとりもどしに地獄へ行くオルフェウス
ギリシャ神話の形を借りて、アメリカの──
現代社会の──偏見と人種差別、暴力
暗部を地獄に見立て、入り乱れる愛と憎悪の中で
人間自然のやさしさをうたう、テネシィの叫び!
彼の全戯曲の原典と言われています。




二十七台分の綿花
地獄のオルフェウス
バーサからよろしく
トリゴーリンの手帳(チェホフ「かもめ」のテネシー版)

.

風変わりなロマンス
話してくれ雨のように
欲望という名の電車
不死鳥は叫ぶ われ炎の中に起てり、と
お問い合わせはこちら